デリケートゾーン(VIOライン)のムダ毛処理のコツ

デリケートゾーン(VIOライン)のムダ毛処理のコツ

MENU

デリケートゾーン(VIOライン)のムダ毛処理のコツ

VIOラインのムダ毛処理は、今や当たり前の時代になってきています。

ですが、デリケートゾーンなので、セルフケアするには難しくてあまりお手入れしていないという人もおられるかと思います。

そこで、どんな方法で処理したら良いのかを一つずつご紹介していきましょう。

まず、カミソリやシェーバーでムダ毛を自己処理して、もしも失敗して皮膚を傷めてしまって血が出てしまったりするとデリケートゾーンなので絆創膏も貼れないですし大変です。

★やはり、カミソリなどのセルフケアは避け、エステサロンでの脱毛が一番楽で、安全です。

特に、VIOラインなら安くて評判も良いミュゼプラチナムがおすすめです。

他人に脱毛してもらうには恥ずかしい部位ですが、エステティシャンも仕事ですので、淡々と作業してくれますし、ミュゼは勧誘もないので、安全性と楽さを考えればおすすめの方法です。
ミュゼ

★次に、どうしてもエステは抵抗がある、通うのは面倒だ、という人におすすめなのが、家庭用脱毛器です。

中でも、美容家電ランキング1位のケノンが一番コストパフォーマンスに優れています

まず、Vラインは自分の目で見ながらしっかり処理できるので初心者でもケノンを使ってさくさくと脱毛できるでしょう。

IラインやOラインはセルフケアが難しいと思われがちですが、鏡を用意し、カートリッジをスモールカートリッジに変えるのがコツです。

連射モードの設定を1ショットに変え、レベルを5以下にするのもコツ。

デリケートゾーンは肌全体が黒ずみ、くすみがちなので、あまり強く照射すると痛みが出てしまうからです。

レベルを低くして2週間おきなど、こまめに照射するのがコツです。

ケノン

★最後に、脱毛ではなくて、抑毛ジェルのコントロールジェルmeを使うという方法もおすすめです。

脱毛の場合、表面に出ている毛をあらかじめシェーバーで剃っておく必要があるので、この時点でデリケートゾーンの皮膚に痛みが出てしまうと、照射できません。

でも、抑毛ジェルなら、塗るだけでだんだん毛が薄くなって、徐々に産毛のようになって見えなくなっていくので、コツも何も要らない簡単な方法です。

特にコントロールジェルmeなら、保湿効果も美白効果もあるジェルなので、デリケートゾーンのお手入れにピッタリですよ。
コントロールジェルme

VIO処理もコントロールジェルmeで保湿しながら抑毛!

デリケートゾーンのムダ毛処理も
抑毛コントロールジェルmeでキレイ!
保湿しながら少しずつ薄く細く!
美白もするので黒ずみも解消!
1日2回塗るだけの簡単お手入れ。
敏感肌でも子供でも安心な天然ハーブ素材
満足できない時は返金保証付き!
コントロールジェルMe