ケノンでデリケートゾーン脱毛のコツ

デリケートゾーン(VIOライン)のムダ毛処理のコツ

MENU

ケノンでデリケートゾーン脱毛のコツ

家庭用脱毛器ケノンでデリケートゾーンはうまく脱毛できるのでしょうか。

ケノンでデリケートゾーンを脱毛するときのコツは、腕や足、ワキを照射するときよりもレベルを下げることです。

デリケートゾーンは皮膚の粘膜が近いため、肌が弱く、しかも色素沈着によって肌色は黒ずんでいます。

そのため、他の部位と同じようにいきなり強いパワーで照射すると、かなりヒリヒリしてしまい、痛みが出てきてしまいます。

おすすめは、レベルを低くして6連射にすることです。

1ショットは効率よく脱毛できますが、デリケートゾーンのときはこの設定を避けるようにしましょう。

VIOラインは、自力で脱毛するのは難しいと思われがちですが、ケノンでのVIOライン処理は慣れれば意外に楽にできます。

ケノンは、カートリッジの種類が大小サイズあるので、デリケートゾーンは小さい方のカートリッジを使って、丁寧に照射していけば、照射する部位自体が狭いので、そんなに難しく考えずに機械を当てていくだけで脱毛することができます。

一度照射してみて、かなり痛かったとか難しそうだから怖い…という経験のある人もいるでしょう。

でもそこで挫折するとせっかくケノンがあるのにもったいないですよね。

デリケートゾーンの色素沈着が原因で照射時に痛みを感じてしまうので、美白化粧水やクリーム、乳液などで、デリケートゾーンの黒ずみを少し薄くしてから使うようにしてみると良いですよ。

例えば美白効果もあって保湿しながら抑毛してくれるコントロールジェルmeを併用すると効果的です。

もちろん、脱毛前後のクールダウンも忘れないようにしましょう。
ケノン

VIO処理もコントロールジェルmeで保湿しながら抑毛!

デリケートゾーンのムダ毛処理も
抑毛コントロールジェルmeでキレイ!
保湿しながら少しずつ薄く細く!
美白もするので黒ずみも解消!
1日2回塗るだけの簡単お手入れ。
敏感肌でも子供でも安心な天然ハーブ素材
満足できない時は返金保証付き!
コントロールジェルMe