デリケートゾーン脱毛前後にしてはいけないこと

デリケートゾーン(VIOライン)のムダ毛処理のコツ

MENU

デリケートゾーン脱毛前後にしてはいけないこと

デリケートゾーン脱毛前後に注意することについてまとめます。

通常、腕、足、ワキなどを脱毛する場合は、エステに行く前日までにある程度自分であらかじめシェーバーを使ってムダ毛を処理しておく必要があります。

ここで注意したいのは脱毛テープやワックス、毛抜きで処理しないことです。

毛根を残しておかないと、光を照射しても効果がありませんので、肌表面に見えている範囲の毛だけを処理しましょう。

しかし、デリケートゾーンの場合は、肌がデリケートなので、できる範囲で大丈夫です。

Vラインは見えるので事前準備として自己処理しやすいですが、IラインやOラインは、見えない部分なので無理せず、サロンの人に当日シェービングをやってもらえば大丈夫ですが、処理をしてもらえないサロンもあるので注意しましょう。

ミュゼプラチナムの場合は、できない部分はスタッフが処理してくれるので安心です。

無理矢理シェービングを自分でして、肌に炎症を起こしてしまうと、その部分は脱毛施術ができなくなるので、せっかく予約をしたのに損になってしまいますから注意しましょう。

次に、生理中は脱毛NGになっているので予約のタイミングに気をつける必要があります。

また、今からの季節ですと、インフルエンザなどの予防接種を受ける人も増えてきますよね。

脱毛の前後1週間程度は予防接種NGになっているので、これも予約のタイミングに注意しましょう。

デリケートゾーンの脱毛は、恥ずかしいと抵抗を持つ人もいますが、生理中の痒みやかぶれがなくなるので、衛生面を考えるととてもおすすめの脱毛部位です。

自分に合ったサロンを探すためにも公式サイトや口コミなどをチェックしてみましょう。

★例えばVIOラインの脱毛でも評価が高く口コミでも人気なのは、ミュゼプラチナムです。

清潔感もあって女性スタッフばかりですし返金保証つきなので安心です。
公式サイト→ミュゼプラチナム

VIO処理もコントロールジェルmeで保湿しながら抑毛!

デリケートゾーンのムダ毛処理も
抑毛コントロールジェルmeでキレイ!
保湿しながら少しずつ薄く細く!
美白もするので黒ずみも解消!
1日2回塗るだけの簡単お手入れ。
敏感肌でも子供でも安心な天然ハーブ素材
満足できない時は返金保証付き!
コントロールジェルMe